新潮社 栞 今も卵肌の桃井かおりのしおり

桃井かおりのしおり  新古書店で古本を購入すると、昔のパンフレットやしおりが買った本から飛び出すときがあります。結構そういうのを集めるのが好きでして、そういう方って、いらっしゃるのでしょうかね。
これは、新潮社文庫のしおりです。加藤俊英の『独学のすすめ』という文庫にはさまれていました。いつごろ作成されたものかは、容貌から推測するしかありませんね。(冗談)
『一冊同じ本を読んでいれば、会話することができると思うの。』なんて、素敵なフレーズですね。そういえば、多様な本が毎日出版されており、誰もが一度は読んだことがあるような本が読まれなくなり、内容を共有することって難しい時代になっていますね。
ちなみに、裏は時間割が記入できるようになってます。まさしく学生を意識したしおりです。
【新潮文庫フェア 青春のピットイン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です