岩崎邸で購入したしおり 「金唐革紙」

iwasaki-tei-shiori2010年大河ドラマ 『龍馬伝』で、龍馬の幼なじみとして描かれた岩崎弥太郎は、皆さんもご存じのように三菱財閥の基礎を築きました。その三菱財閥の華やかさは、旧岩崎邸に残されております。遅ればせながら、見学に行って参りました。

左は、その岩崎邸の中の売店で販売されていたものです。
このしおりは、重要文化財・旧岩崎邸の復元工事で用いられた本物の「金唐革紙」を材料として作られました。旧岩崎邸では、本邸の2階にある客間2部屋に、この「金唐革紙」が貼られています。
今では、この技術を持つのは、世界で、この「金唐革紙」をつくった方のみだとしおりの裏の説明書きに記載してありました。ある意味、貴重なしおりです。

 

 

iwasakitei

岩崎邸

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です